toggle

73回目 広島原爆記念日

また、この日がやってきました。
今年で73回目の原爆記念日。
昭和20年8月6日、今日と同じ月曜日。
あの日もこんなきれいな青空の下、いつもの日常が
始まっていたのでしょう。
東広島では、あまり原爆に関する平和学習がされていないようです。
私は、広島市で生まれ育ったので、小学校・中学校では毎年、平和学習に
取り組んでいました。
学校の校庭の片隅には、原爆で亡くなった生徒さんや
先生の慰霊碑があり8月6日には、そこで慰霊式が行われ修学旅行では、
長崎で平和学習がありました。
小学1年生の子供に「原爆が落ちた日知ってる??」と聞くと、答えは「知らない」でした。
学校では、まだ教えてもらっていないと聞き、正直、驚きました。
原爆が投下されたのは広島市。でも、広島に住んでいる以上広島県のどこにいようが
その事実を知らなければなりません。
”戦争を知らない世代”では、ありますが過去に起こった出来事を学校でも
しっかり取り上げてほしいと思いました。
広島に住むものとして、原爆投下の日時・原爆とは何かを後世にもしっかり受け継いで
欲しいです。
私も子供たちに自分が学んだことを伝えていかなければと改めて今日感じました。
人々が幸せに過ごす日々をたった一つの爆弾ですべてを奪ってしまった。
この日、一人一人が平和について考える一日になりますように。

 

2018-08-06 | Posted in blogComments Closed