toggle

夜間はライトをこまめに上下させよう

夜間走行では、ライトを上向きにして走行するのが基本です。

もちろん、前車や対向車がいる場合は、迷惑をかけないよう下向きライトにすべきですが、原則あくまで上向きです。

 周りに車がいないのに、対向車が来るかも知れない・・・と下向きで走行している人がいますが、これはとても危険です。

 下向きライトの照射範囲は約40m。わずか40m先しか見えていないということは、よほど速度を落とさないと、危険を発見できない恐れがあります。時速50キロ走行では、停止距離は約32m必要と言われ、40m先の危険を発見してからブレーキを踏んでもギリギリ止まれる距離です。

 少しブレーキを踏むのが遅れたら、避けられません。ですから、夜間は、面倒がらずにこまめにヘッドライトを上向きに戻すことです。

 対向車や先行車が見えても、少し離れているようなら一瞬ライトを上向きにして、遠くの危険要因や道路形状などをつかむようにしましょう。

2021-10-05 | Posted in blogComments Closed