toggle

災害に対する備え

災害に対するご家庭での備え

~これだけは準備しておきましょう~

 

<家具の置き方、工夫していますか?>

    • 家具が転倒しないよう、家具は壁に固定しましょう
    • 寝室や子ども部屋には、できるだけ家具を置かないようにしましょう。
      置く場合も、なるべく背の低い家具にするとともに、倒れた時に出入り口をふさいだりしないよう、家具の向きや配置を工夫しましょう
    • 手の届くところに、懐中電灯やスリッパ、ホイッスルを備えておきましょう。

 

<食料・飲料などの備蓄、十分ですか?>

食料・飲料・生活必需品などの備蓄の例(人数分用意しましょう)

  • 飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)
  • 非常食 3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど
  • トイレットペーパー、ティッシュペーパー・マッチ、ろうそく・カセットコンロ など

※ 大規模災害発生時には、「1週間分」の備蓄が望ましいとされています。
※ 飲料水とは別に、トイレを流したりするための生活用水も必要です。日頃から、

水道水を入れたポリタンクを用意する、お風呂の水をいつも張っておく、などの備えをしておきましょう。

 

<非常用持ち出しバッグの準備、できていますか?>

非常用持ち出しバッグの内容の例(人数分用意しましょう)

  • 飲料水、食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)
  • 貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)
  • 救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
  • ヘルメット、防災ずきん、マスク、軍手
  • 懐中電灯、携帯ラジオ、予備電池、携帯電話の充電器
  • 衣類、下着、毛布、タオル
  • 洗面用具、使い捨てカイロ、ウェットティッシュ、携帯トイレ
    ※乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・ほ乳びんなども用意しておきましょう。
  • 女性の方は、生理用品も準備しておくことをお勧めします。
  • ペットと生活している方は、ペット用品の準備も必要です。

 

<ご家族同士の安否確認方法、決まっていますか?>

災害用伝言ダイヤル

  • 局番なしの「171」に電話をかけると伝言を録音でき、自分の電話番号を知っている家族などが、伝言を再生できます。

災害用伝言板

  • 携帯電話やPHSからインターネットサービスを使用して文字情報を登録し、自分の電話番号を知っている家族などが、情報を閲覧できます。

 

<避難場所や避難経路、確認していますか?>

いざ災害が起きた時にあわてずに避難するためにも、お住まいの自治体のホームページや

国土交通省ハザードマップポータルサイトなどから防災マップやハザードマップを入手し、避難場所、避難経路を事前に確認しておきましょう!

※ペットと生活している方は、避難所によっては、ペット不可の場所などがありますので特に事前のチェックが必要です。

 

 

2022-01-17 | Posted in blogComments Closed