toggle

節分

 

 

節分とは?

節分とは、立春の前日のことで、2022年は2月3日(木)です。

冬と春の変わり目である節分には邪気が入りやすいと考えられていたため、鬼を払う行事が生まれました。

本来は季節の分かれ目である「立春、立夏、立秋、立冬」の前日のこと。年に4回ありますが、室町時代あたりから、節分といえば立春の前日を指すようになりました。

旧暦では春が新年の象徴だったため、立春前日の節分は大晦日のようなもの。

昔は「季節の変わり目には邪気が入りやすい」と考えられ、年の変わり目でもある立春前日の節分に、

邪気の象徴である鬼を追い払う行事が定着しました。

最近では豆まきと恵方巻が恒例行事ですね。

炒った豆を神棚にお供えし、夜に家長が行うのが豆まきの正式なやり方。

恵方巻はその年の恵方(今年は北北西やや北)を向き、願い事をしながら無言で一気に食べるのがルールです。

なぜ豆で鬼退治するの?

鬼は邪気や厄の象徴。形の見えない災害、病、飢饉などの人間の想像力を越えた恐ろしい出来事は、鬼の仕業と考えられてきました。

鬼を追い払うためにまくのは大豆。大豆は五穀のひとつで、穀霊が宿るとされていました。

そして、「豆を炒る」ことが「魔目を射る」に通じて「魔滅(まめ)」となるため、煎った大豆(福豆)を使って鬼を払うのです。

豆はまく前に、枡に入れて神棚に供えると、神様の力が宿って鬼を退治するパワーが増すそう。

神棚がない場合は南の方角の目線より高い場所に、白い紙を敷いてお供えしましょう。

今年も「鬼滅の刃」の影響で、鬼退治は、竈門炭治郎や我妻善逸、嘴平伊之助が家に現れそうですね。

ちなみに私の推しは冨岡義勇です・・話が脱線しました😅

節分が終わると明日は立春、しかしながら本当の春はまだまだ遠いようです。

週末はまた寒気がやってきます。

今夜は、恵方巻と豆まきで邪気を払い健康を願いましょう。

ドライバーの皆さん、今日も安全運転で。

 

2022-02-03 | Posted in blogComments Closed